2014年11月13日

はじめまして、京都。ふたつのD&D

10423833_597263173719011_5402078795753339097_n.jpg


きのうの夜は、D&D京都呑み会。
ファン待望の、京都造形芸術大×Dがいよいよ11/29オープン!
とのことで、 ナガオカケンメイさんもご同席。
仏光寺の境内というロケーションも楽しみですが、
京都人の頭の中ではたぶん今、情報が混線していますよね。笑。

烏丸蛸薬師の旧北國銀行→flowing karasuma(赤煉瓦のビル)に
すでにオープンしているD&Dは、
ディーンアンドデルーカという、世界の食材店。

仏光寺の境内にこれからオープンするのD&Dは、
D&Departmentというロングライフデザインの
モノやコトをセレクトしたショップ。

混線、解けた? 笑
それぞれの中身をことこまかに紹介するのは
わたしの本職なので(笑)
春に向けて発売されるであろう、雑誌の京都特集にて。たぶん。
(取材執筆のご依頼お待ちしております♡)

で、写真はそのどちらのD&Dとも関係なく、
きのうの呑み会の会場だった、
松原商店街の「いろいろデザイン / iroirodesign」で
帰り際におみやげに持たせていただいた、スコーン。
正しすぎる組み合わせの小皿にて、本日の朝食の図。

京都の街の地図が、また少し変わりそうで楽しみです。
posted by maki at 12:10| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

たとえば、地蔵盆とか運動会とか。

Facebookとinstagramにうつつを抜かして
ろくに更新してないブログなのに、
日々読んでくださっている方がいることに感謝。
そして、「京都 町家暮らし」で検索して
訪れてくださる方が一定量いらっしゃるのに、
そういえばそんなカテゴリーがあることも
すっかり忘れていた長屋暮らし7年目。

7年目にして、
町内の「組長さん」なるお役目がまわってきました。
春のレクリエーション、夏の地蔵盆、秋の区民運動会、
そして日々せっせと回覧板をまわすのが主なしごと。
いや、もちろん、有事の際には、
会長さんを補佐して、
組内の7軒のリーダー役を勤めねばならぬのですが。

10606252_581646525280676_8270412819341728481_n.jpg

掲示板も、ゼッケンも、出場するひとも、
なにもかもレトロな区民運動会では、
果敢に長縄跳びに挑戦するも、
2ジャンプ目でひっかかりましてね。
あとは、綱に引きずられて、お役目完了。

普段の生活では
どこにいってもたいてい「年長者」なのに
こうしてひとたび地域に入ると
「若いひと」に身分が変わる。
それが新鮮というか心地よいというか、
気分がひきしまるというか。

おもしろい。

そうだよね、わたしなんてまだ
人生のたぶん半分くらいしか
生きてきてないんだもの。
教わることは、まだまだたくさんあるのです。

どのこのおうちにどの人が住んでいるのか
わかってうれしいのはもちろんのこと、
女ひとり暮らしで年齢不詳、
ろくに家にいる風でもない、
絵描きだかなんだかよくわからない
(なぜか画家だと思われていたようです。笑)
わたしのことをちょっとは知ってもらえて
安心してもらえる、よい機会なのでした。

後半はとりたてて何もない。
ただひたすらに、回覧板をまわすのみ!


posted by maki at 04:51| Comment(0) | 町家暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

ラジオ出演「α-DAYLIGHT CALL Fit for My life」♪

141005.jpg

2週続けて、jizueの片木希依ちゃんの番組にお招きいただきました。

α-station「α-DAYLIGHT CALL Fit for My life」、
次回の放送は、12日(日)正午〜。

10月5日放送の分は、さっそくアーカイブをネットからも聴いていただけます。
ええ、もちろん、世界中からアクセス可能ですよ〜!

「Fit for My life」10月5日放送分
http://fm-kyoto.jp/blog/fit_for_my_life/2014/10/05/
「Fit for My life」10月12日放送分
http://fm-kyoto.jp/blog/fit_for_my_life/2014/10/12/
posted by maki at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

「舞妓はレディ」♪

久しぶりに、ゆっくり映画館へ(といってもレイトショー。笑)。

img_0.jpeg

音楽を担当された、ミュージシャンの種ともこさんのご縁で、
ほ〜〜〜んの少〜〜〜しだけお手伝いさせていただいた
舞妓はレディ』をようやくスクリーンで観ることができました。
はい、周防正行監督の最新作です。

何の映画か、監督がどなたかも知らずに、
ただほんのちょっとばかし相談に乗っただけなのですが、
しかも、果たしてお役に立てたかどうかは不明ですが(笑)、
でも、あ、アレがココ!というのが私だけにはわかるので
やっぱりちょっとうれしくて。笑。

京都の花街を知るひとと、そうでない人では
また見方が違うのかもしれませんが、
面白くて楽しくて、京都のことがちょっとわかる、
そしてなによりかわいい、
グッドエンターテインメントでした◎

岩本多代演じる古株の芸妓、
鶴一さんおねえさんの存在がよかったなァ…。

ただいま、京都で絶賛上映中。
リアルとバーチャルの混ざり具合があんばいよく、
それぞれの女優さんのキモノの着こなしも
いちいち目が離せません。
京都弁が聞き分けられるひとは
さらに3倍おもしろく観ることができます。

マキさん、どこお手伝いしはったんやろー、と
ニヤニヤしながら、観てください。笑。

で、種さんのライブも、近々京都にて。
秋晴れの週末、ちょっと贅沢なランチライブですよ。
こちらも、ぜひぜひ。

10月11日(土) 13:00開場/13:45開演
会場:京都 「SoleCafe」(京都市北区紫野東蓮台野町10-16)
出演:種ともこ(Vo,Pf)
料金:前売3,500円/当日4,000円(共に1ドリンク&1フード別)
予約・お問合せ:「SoleCafe」(075-493-7011)
posted by maki at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

「にじゆら」と、手ぬぐいと、わたし。

image_1.jpg

ことしもエアコンのない京都の夏を
汗だくでたまにクラクラしながら過ごしています。
「ことしは冷夏です」と言ってた
お天気予報のお兄さん、誰だ?
みなさんは、いかがお過ごしですか?

今週末に、芦屋でトークイベントがあります。
手ぬぐいユーザー歴14年のわたしが、
染めの職人さんと対談します。
当日参加も可能ですが、立ち見になるかもしれないので
直前でも予約がベターですよ。


高橋マキ(文筆家) × 板橋孝行(染職人) トークイベント

つくる、伝える。
〜「にじゆら」の手ぬぐいが、あなたのもとに届くまで〜

日時:8月2日(土) 15:00〜16:30
場所:スペースR 3階「Gallery R」(兵庫県芦屋市茶屋之町1-12)
参加費:1,000円(税別)

染めがにじむように、人柄もにじむーー。
そんなぬくもりが愛おしい「にじゆら」の手ぬぐいは、
どんな風に、どんな想いから生まれるの?
染めを手がける職人さんのことばから、
「にじゆら」ならではの
かわいさや使い心地よさのヒミツをなぞ解きます。

詳細/お申し込みはこちらから
http://www.ryu-ryu.com/cgi-bin/news/detail.cgi?no=641

10523527_506610946137697_7646085311370811451_n.jpg
posted by maki at 13:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

瀬戸内ゴーランド

F67C46D5-FAD9-4099-939C-1CFB283D6100.jpg

瀬戸内しまのわを巡る13の読み物
「瀬戸内ゴーランド」に寄稿しました。
そうそうたる執筆陣に
加えていただき、光栄です。

文庫サイズで、take free。

京都でも少しだけですが、
心やすいお店に置かせていただいています。
写真は、つくるビル2階のカフェマルニ。


あと、確認できているのは、
堀川丸太町の「ソングバードコーヒー
松原商店街の「iroiro
川端二条の「UNITE'

あ。
栞も一緒にもらってくださいね。

C5FAC1C3-9855-4508-BFA5-3914D270F5A5.jpg


posted by maki at 00:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

3/29「五条のきさき市」と「いま、生きるように働くひと。」

nokisaki-title.jpg

なにかと慌ただしい年度末。
春からの頼まれごとが立て続けにあり、
「履歴書」なるものを約20年ぶりに書きました。

われながら……すっかすか。笑。

学生じゃないんだから、
ほんとうは、これまでやってきたことを
わーーーっと羅列すればいいのでしょうが、
いまや「職業 高橋マキ」になってきたので、
「履歴」を系統づけて記載することがほぼ不可能。笑。

ま、あとはWEBでググってもらいましょうと割り切って、
結局、すっかすかの履歴書を提出しました。
その理由は、4月になったらお知らせしますね。

その前に。

3月29日(土)は、どちらも外せない
たのしみなイベントのダブルヘッダーです。
朝7時から運営スタッフとして準備に入るので、
午後のトークイベントまで電池が保てているか心配ですが、
どちらもわたし自身がたのしみにしているので
120%でがんばってまいります。


京都・五条「のきさき市」

昨年5月5日に続き、2度目となる五条の「のきさき市」。
今回も、五条のみなさんと一緒に、ボランタリーな立場で
京都カラスマ大学として主催・運営に関わってきました。
売上げをすべて京都カラスマ大学の運営に充当する
ファンドレイズブースも「サンクロレラ」前に出店します。
みなさんのお越しをお待ちしています♪

日時:3月29日(土)10時〜17時
場所:五条通の堀川〜河原町


ナカムラケンタ講演会「いま、生きるように働くひと」

生きるように働くというコンセプトの求人サイト
日本仕事百貨』を立ち上げられたナカムラケンタさんから
条件以上に人の想いを最大限共有する求人と、
そこから生れる人と人、人と社会のつながりについてうかがいます。
働き方から見えてくる生き方、仕事と人生の
バランスを見直してみませんか。
日本仕事百貨とシブヤ大学はいとこのような関係。
そんな関係もあって、高橋マキがインタビュアーをつとめます。

日時:3月29日(土)14時〜15時半(13時半 開場)
場所:ウィングス京都イベントホール
講師:ナカムラケンタ(日本仕事百貨代表)
インタビュアー:高橋マキ(文筆家)
▼詳細&お申込みはこちら
https://www.wings-kyoto.jp/event/event-all/wlb1403.html

表面.jpg裏面.jpg



posted by maki at 00:52| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

大人のおしゃれ手帖/CREA Traveller

cover_014_201404_l.jpgimg_8ad033d1d2cadb14cb49e584f41391b6101580.jpg

すっかりFacebookなまいにちで、
ここがすっかり放置されておりますが。
たまに、SNSをやってない方から
「ブログいつも楽しみにしています」
と言われて、おもいだします。笑。

わたしは変わらず元気です。

最近のおしごと。

宝島社から新創刊した雑誌『大人のおしゃれ手帖』創刊号で、
京都特集「アンヌさんと訪れる 通の京都、懐かしい京都」を
まるっとコーディネイト&執筆しました。
http://tkj.jp/osharetecho/

直前に、大分へ2週間という出張が入っていて、
綱渡りのようなスケジュールでしたが、
『In Red』時代からかわいがってくださっている
編集のMさんにお声かけいただいたからには
やらねばならぬで駆け抜けたおしごとでした。

全国誌なのに、思い切って(笑)
松原商店街と桝形商店街を紹介しています。

そしてもう1冊、
『CREA Traveller』2014年春号(文芸春秋)で
モロッコにいつか行きたいわたしが、
京都のとっておきについて書かせていただきました。
京都のなかでも、ふだんはなかなか行かない&紹介されない
「南山城」をフィーチャーしているので、ぜひご覧あれ。
http://crea.bunshun.jp/articles/-/4865

どちらもただいま書店で発売中です♩
posted by maki at 23:37| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

たねからはじまる、豊かな暮らし。家族野菜を未来につなぐ。

情熱の大陸の果ての果てのかなたで、
夏のはじめにガチンコで取り組んだ書籍のしごと、
家族野菜を未来につなぐ』。

その著者であり、奈良のレストラン『粟』オーナーご夫妻、
三浦雅之さん・陽子さんの活動と生活を
1年以上もの時間をかけてていねいに取材した
TV番組『情熱大陸』の放送日が、
いよいよ本日11月24日(日)となりました。

種のこと、農的生き方のこと、福祉のこと、日本の未来のこと。
最近ちょっと気になるなって方には、
『家族野菜を未来につなぐ』(学芸出版社刊)をぜひ読んでほしいし、
今晩のテレビ放送がそのひとつの大きなきっかけになることを願っています。
わたしも、爪の先か肩甲骨くらい映るかなー。笑。

ぜひ、ご覧くださいね。

家族野菜マルイ.jpg
posted by maki at 14:02| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

『家族野菜を未来につなぐ』出版記念トークイベント

メイン_main.jpg

生きる/暮らす/働く。
そのカタチ、そのバランスが、いま、変わろうとしています。

その変化をいち早く嗅ぎ取って
日本のあちらこちらで実践をはじめているひとたちの声を、
より多くのみなさんに伝えたいと思っています。

そんな中、これからの日本にとって、
大切なキーワードがいっぱい詰まった
書籍の制作に携わらせていただきました。

タイトルは
家族野菜を未来につなぐ

これは家族の美しい話でもなく、
かわいい奈良本でもなく、
野菜栽培の本でもありません。笑。

あたらしい日本のための、ライフスタイルの提案です。

ありがたいことに、
女性向けライフスタイル誌「リンネル」「nid(ニド)」(11月20日号)、
「あまから手帖」(1月号)にもご紹介いただける予定とのこと。
京都では、河原町三条の雑貨屋さん「アンジェ」にも置いていただいています。
なかなか書籍を買わない時代になりましたが、
クチコミでじわじわと、手にとってくださる方が増えるとうれしい一冊です。

11/3(日)には、著者の三浦雅之さんと、
出版記念のトークイベントもさせていただきます。
ご協力いただくのは、京都マルイの『フタバ+』さん。
当日参加可能ですが、椅子の数に限りがあるので、
もしもご来場いただけるようでしたが、ご予約お電話一本お願いします。



『家族野菜を未来につなぐ』出版記念トークイベント

『家族野菜を未来につなぐ レストラン「粟(あわ)」がめざすもの 』出版記念トークイベント”種からはじまる豊かな暮らし”を開催いたします。

大和伝統野菜レストランを営む傍ら、
伝統野菜の保存・継承に取り組んできた三浦雅之さん。
もともと農とは関わりのなかった彼が、
なぜ伝統野菜に情熱を傾けるようになったのか。

聞き手は京都カラスマ大学の学長でもあり、
文筆家、わこものスタイリストの高橋マキさん。
大和伝統野菜とそれを育てる人、
ちいさな農からひろがる豊かな暮らし、
地域づくりの可能性について語り合います。

日 時: 2013年11月3日(日) 14:00〜15:30 終了後サイン会を予定
場 所: 6階FUTABA+ パブリックスペース 
会 費: 無料、定員30名程度(申込者優先、当日参加も可能)
主 催: FUTABA+京都マルイ店、学芸出版社
お申込み・問合せ FUTABA+京都マルイ店 (TEL:075-233-5528)
詳しくはこちら:
http://www.0101.co.jp/stores/guide/storetp/news/00088detail.html?comment_id=65091
posted by maki at 18:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする