2017年07月01日

ENJOY KYOTO/伝えたい京都

image-a8bb9.jpeg

ずっと英語が苦手だった。
海外旅行をするたびに
「ああ、喋れたらいいな」
とは思うけど、
行き先がフランスやら
香港、台湾だったりするので
それはそれでなんとかなるもの。

ところが、ある日突然ひらめいた。
どうして英語が学べないのか、
その理由。それは、

アメリカ文化に興味がないから

だということに。
ハリウッド映画、観ないし。
ロケンローも、聴かないし。
「ワオー!」みたいな
ハイテンションにも
なれやしないし。笑

だけど、
京都にこれだけ
外国からお客様がいらして、
日本のことに
興味をもってくださるのに
「アイ・アム・ア・ライター」
のあとに言葉が続けられないなんて
あまりにひどすぎる。
日本のライターの
レベルを疑われかねない。

これではいけない。
こんなにたくさん、
お伝えしたい
京都の知識や情報があるのに!!

そう思いたって、
イギリス人の先生に
英会話を習うことにした。
だって、イギリス人は、
少なくともアダム先生は、
「ワオー!」
って言わなかったから。笑。

それが、3年前。

わたしのレベルときたら、
そりゃあひどかった。
「used to be〜」がなんだったか
思い出せない。
「day after tomorrow 」が
すぐ出てこない。

そんなスタート。
しかも時々
フランス語がちゃんぽんする。
かなりやばい。笑。

それでも、
「先週なにしてた?」
を、毎週1時間かけて説明する。

ところが
「I went to the theater with my friend!」
みたいな
生活をしていないため
自分の首を締めまくる。

取材に行ったはなしをしても
原稿を書いてたはなしをしても
真田紐とか、座布団とか、
杼とか、和菓子とか、
祇園祭とか、お煤払いとか、

日本語でもなかなか
いちから説明しなくちゃ
わからないものを、
中学英語で語ろうとするである。

これは、ある意味、
かなり難易度が高い。笑。
英会話レッスンというより
むしろ、脳トレ。

だけど
うれしかったのは、
これをくり返すことで、
日本人相手にも
とても丁寧に
京都や日本のことを
おはなしできるように
なったこと。
東京暮らしの20代、30代は、
もはや外国人と変わらない、
ということにも気づいた。

そんなこんなで、
いまは、こういう角度から
「京都を伝える」
ことに興味があって、
そんな折も折、
執筆依頼いただいたのが、
タブロイド版フリーペーパーの
ENJOY KYOTO

発刊3周年を迎えたタイミング、
初の外部ライターとして
登板の機会を
与えていただきました。

image-ebbf7.jpegimage-b9927.jpeg

▲This is my work.
I wrote about Uji's sole pottery kiln
crafting artful vessels for its tea "Asahi-Yaki"

取材先は、宇治の朝日焼
タイトルは、
「Uji & its tea」。

なんやろ、この「its」!
かっこよすぎるわー。

とか言うてるわたしは、
もちろん日本語で書いた記事を
英訳してもらっている訳ですが。笑。

十六世松林豊斎襲名を
このような形で寿ぐことができて
それもまた、幸せなことでした。

中身と制作の裏側については、
今回は私の参戦で
少し心に余裕の生まれた
(気のせいだったらしいけど、笑)
松島直哉編集長の
渾身すぎるブログをご覧あれ。

ゴジマエ〜後日読み返してもらいたいささやかなまえがき〜
ENJOY KYOTO Issue22 宇治特集号をセルフレビューします 〜その2〜
「朝日焼 作為しない作為という極意について」


日本語バージョンも、
いつかまとめて公開される日が
posted by maki at 03:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

MOUNT ZINE / HADEN BOOKS:


image-c384a.jpeg

5月のこと。
東京に行きました。

せっかくなので、
「珈琲のはなし。」を
扱ってくださった
2軒のお店に、
お礼を言いに行きました。

実は、どちらも、
行ったことのない店で
扱っていただいたのです。

まずは、HADEN BOOKS:
友人のセラピスト、小松ゆり子
元・音楽レーベル広報の
嗅覚と押しの強さで(笑)
いち早く紹介してくれた、
南青山のブックカフェ。

オーナーの林下さんに
「初めまして」
「ありがとうございます」
ほぼ同時に伝える。

まったく
初めましてなんだけど、
実はたくさんの
共通の友だちがいて、
彼には
そのことがほんのりとわかっていて
だから快諾してくださったらしい。
SNSって、こういうとき
いい仕事するよね。笑。


image.jpg

窓際の席でいただいたのは、
ちょっと特別な
ライムフレーバーのコーヒー。
その名も「エリック・サティ」。
お誕生日が同じ、
5月生まれの有名人。

1杯のコーヒーを飲むあいだ、
わたしは
初めての店に緊張しながら、
林下さんは
時折レコードをかけ替えながら、
大好きなコーヒーや友人たちの
他愛もない話をしたのでした。

HADEN BOOKS:の
「珈琲のはなし。」
まだ、2冊ありました。
東京でお探しの方は、
ぜひ、訪ねてみてください。


そして、取り扱いが
5月31日までと期限の迫った
MOUNTZINE SHOPへ、はしご。
6月からは
ラインナップが変わるので、
なんとしても
行っておきたくて、
日暮れと競うように小走りで。笑。

「珈琲のはなし。」を
つくりはじめる際に
これって
何て呼べばいいんだろ、
と考えていたことを
懐かしく思い出す。

自費出版?
ZINE?
プライベートレーベル?

そんなささやかな問いから
ふとたどり着くことになる
MOUNT ZINE の存在。

エントリーしたら、
台湾でのイベントにも
持っていくし、
半年間、ショップで
販売しますよ、
というプロジェクトの
〆切直前に
本が完成したので、
滑りこみで応募したのです。

image-3db1e.jpeg

都立大前の
小さな古い木造民家を
シンプルに改装したショップ。
その店内いっぱいの、ZINE。

日本における
ZINEのシーンが
こんなに豊かに楽しく
盛り上がっているなんて
まったく知らなかった。

ネットで見ていても、
伝わる熱気。
仕組みもおもしろい。
足を運ばずにいられなかった。

期間中に完売の報を受けて、
2度追加納品したのだけれど、
わたしが行った日には、
その追加分まで
すっかり売れてしまっていた。

image-d7f2e.jpeg

小さなチャレンジだったけど、
一般書店に流通させなくても
わたしの知らない人へ、
わたしのことを知らない人へ、
届けることができた。

うれしいなあ。

購入してくださった方、
ありがとうございます。
ほんとうに。

あなたの手に渡った
「珈琲のはなし。」は
世界に一冊しかありません。
どうか、
大切に読んでくださいね。

posted by maki at 01:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

和菓子が知りたい/あまから手帖

image-b4708.jpeg

関西の食を極める大人マガジン。
まだライターになったばかりの
20代のころ、
復刊したあまから手帖に
記事を書かせていただいていました。

その後、
グルメライターを名乗る人が増え、
でもわたしは「年間何食食べた」
というマニアックな生き方が
できないタイプだし、
グルメ以外にも書きたいことがあり、
なんとはなしに
縁遠くなっていました。

それが。

「マキちゃん、ナイスタイミング!」

と、中本由美子編集長から
お電話いただいたのは、
年明けすぐのこと。

和菓子の特集を
やろうとしていたところ
ちょうどわたしが
出版したことを
知ってくださったとのこと。

「うち、もう長年、
 和菓子やってなかったねん」

しかも、編集部のみなさんが
ほぼ辛党だそうで。
あま、から、なのに。
から、ばかり。だったという。笑。

だから、タイトルは、
中本編集長の心の声。

企画会議の末、
京都の御菓子司をメインに
特集を組むことになったのですが、
わたしは、編集長の
「知りたい」
の第一歩に寄り添う
ページを書かせていただきました。

image-22dae.jpeg

和菓子のいろは。

クリエイティブの始まりが
「じぶんごと」であることは
簡単なようでいて、
なかなか誰にもできない
大切なこと。

この特集には
大人のたしなみとして
知っておきたい、
和菓子のことが詰まっています。

年明けにお会いしたときは
「ときめく和菓子図鑑」を
パラパラめくって
「なんにもわからへんわ…」
とおっしゃっていた中本さん。
この特集をつくるなかで
図書館から借りてきた
和菓子本をデスクに山と積み、
メキメキと知識を得たあと、
最後の校正の段階で
よくこんなに簡潔にまとめたよね」
と、改めて
ときめく和菓子図鑑を
評価してくださいました。
うれしいな。

そんなこんなで、
ありきたりな店紹介ではない、
とても素敵な特集になりました。

ぜひ「ときめく和菓子図鑑」と
合わせて、読んでみてくださいね。


posted by maki at 16:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

KYOTOGRAPHIE/バイバイ、ペットボトル。

image-f3a07.jpeg

去年の6月に、
「ペットボトル飲料を買わない」
ひとりキャンペーンを始めた。

きっかけは、
昨年のGWに行われていた
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭で
出会った、1枚のこの写真。

誉田屋源兵衛黒蔵を会場に
展示された
クリス・ジョーダンによる作品。

image-65d98.jpeg

アホウドリの雛の死骸から
山盛りになったペットボトルの
キャップが露出している。

深く何かを考えたわけではなく、
ほんの思いつきで、
ペットボトル飲料が
「私の生活に必ずしも必要か」
を計ってみたかったのだ。

うちからバス停まで
たった2分の間にも
コンビニがあり、
出かけるときには
無意識で立ち寄って
水を1本買い、
持ち歩いていた。

バッグにペットボトルが
入ってないと
理由もなく、
不安だったのかもしれない。

最初はまずは1か月、
という気持ちで始めた
このひとりキャンペーン、
気がつけば1年が経とうとしている。

1年のうちに買ったのは
なんどか宴会のときの差し入れと
真夏に2本ほど。

夢遊病のように
コンビニに吸い込まれることが
なくなった。
そしてなにより、
水曜にゴミ出ししなくて良くなった。笑。

写真が京都の街に踊りだす
このフェスティバルは、
アートで町おこし、
みたいなものとは、一線を画す。

アートで町おこしという
言い回しに違和感があるのは、
仕掛けている人たちが、
アートやアーティストが
街を変えてくれると
思っているらしいからだ。

実際のところ、
アートが街を変えるのではなく、
見慣れた街の景色を
変えてくれたアートよって
私たちの視点がまず変わり、
どんなに小さいアクションでも、
その気づきを行動にうつした時に、
街が、世界が変わるのだと思う。

5回目となる
KYOTOGRAPHIEが開幕した。
テーマは、LOVE。
さて、ことしは
どんな写真に出会えるかしら。


KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017
http://www.kyotographie.jp
image-27ff1.jpeg
posted by maki at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

喫茶店の日/珈琲のはなし。

image-df448.jpeg


4月13日は喫茶店の日。
だそうで。

明治21年のこの日、
東京・上野に日本初の喫茶店
「可否茶館」が開業したことに
由来して制定されたとか。

この可否茶館、
社交サロン、あるいは
知識の共通の広場として、
「学校にするか喫茶店にするか」
という発想から生まれた
という説があって、
とても興味深い。

いまも、喫茶店は
社会の学校だと思います。
「珈琲のはなし。」にも
書いたのですが、

 喫茶店から
 客足を遠ざけたのは
 缶コーヒーではなく
 携帯電話の普及

だと、とある喫茶店のマスターが
話してくださいました。

image-20e44.jpeg

缶コーヒーだって、
たとえばドラマの中で
ふたりが大切な話をするときには
欠かせないアイテムです。

「お茶すること」は
水分補給とイコールではないし、
SNSで発信するために
写真を撮ることでもなくて。

誰かと待ち合わせたり
1杯のコーヒーと共に
ひとりの、あるいは誰かとの
大切な時間を過ごすために
喫茶店の扉を開けたいなあ
と、思います。

あ。

「珈琲のはなし。」という本には、
コーヒーの淹れ方や
コーヒーへのこだわり、薀蓄は
一切出てきません。

京都の、50の喫茶店の
なんでもないけど
どこか愛おしいお話です。

1000部のみの
リミテッドエディション。
残部わずかとなりまして、
書店でお求めの方は
通販ご希望の方は
にはまだ商品があること
確認していますので、どうぞ。
今のところ、
増刷の予定はありません。


【取り扱い店舗】4/13現在、私が完売を把握しているところを追記しました

<京都>
montag booksellers(西陣)
マヤルカ古書店(西陣)
YUYBOOKS(松原商店街)
レティシア書房(高倉二条)
CAFE ポルボロン(新町正面)
la madrague(釜座押小路)
祗園喫茶 カトレヤ(祇園)
喫茶葦島(河原町三条)
マガザンキョウト(堀川丸太町)
逃現郷(今出川大宮)

★以下店舗では完売しました。ありがとうございます。
ホホホ座/誠光社/恵文社一乗寺店/チタチタ喫茶/吉田屋料理店/かもがわカフェ/珈琲陣/喫茶茶の間/SONGBIRD COFFEE./東急ハンズ京都店「COFFEE HOUR」/楽座

<大阪>
スタンダードブックストア(心斎橋)

<関東>
カフェセブン(東京・秋葉原)
MOUNT ZINE(東京・目黒)※通販あり
HADEN BOOKS:(東京・表参道)
旅花 たびはな(神奈川県・湘南)
cafe hutte(神奈川県・辻堂)

<西日本>
蟲文庫 (岡山県倉敷市)
今井書店 青杏+(鳥取県米子市)
 その他、今井書店系列

私家版1,000部のリミテッドエディション。
1冊 1,296円(税込)です。
posted by maki at 13:12| Comment(0) | 珈琲のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

考える人、休刊。

image-df157.jpeg

私家版でつくるにあたって、
いちばん大変だったのは
自分で自分の文章を
校正することでした。

「マキさん、プロフィールが…」

テーブルの向こう側で
インスタントコーヒーを飲みながら
ゲラをパラパラめくって
そう指摘してくれたのは、
シェアオフィス仲間にして
編集長の、わかばー。

「裏…、裏京区在住、になってますよ」
「うん、それであってるねん」

裏京区ということばを思いついたのは
2003年のこと。
当時、ロンドン在住の作家
入江敦彦さんの本づくりをお手伝いして
新潮社の編集者と
京都の街をぐるぐる巡っていたとき

「ガイドブック志向の観光客には
  どうしてもたどり着けない
  アドレスがある」

という、他愛もない話を
編集者さんが面白がってくださり、
その後すぐ企画された雑誌の特集の
まさかの豪華執筆陣に
交えていただくことになりました。

それが、



image-5bedc.png

リンク先を見ていただければ
一目瞭然の豪華執筆陣。
その中に、まるでウォーリーのごとく
まだ著書もない
一介の地方ライターであった
わたしが紛れています。

光栄の至り。

「裏京区へようこそ。」というタイトルで、
おばんざいや町家、抹茶的
ステレオタイプな京都でなく、
わたしの暮らす街、京都を
存分に、自由に、
書かせていただきました。

image-ae0df.jpeg
▲当時、松原のアジェにて。入江敦彦さんと

そんな思い出のある
新潮社の「考える人」が
4/4発売の号を最後に
休刊することになったそう。

ただ寂しいだけじゃない
息苦しさにも似た感情は、
「Lmagazine」が休刊したときと
似ているかもしれない。

またいつか、
新潮社でいいお仕事させて
いただくことを誓うしか
いまのわたしに
できることはありません。

この、2003年秋の京都特集号、
いまも時々、古書店に並んでいます。
もし見かけたら、
ぜひ手にとってみてください。

image-01857.jpeg

さようなら。
またいつか、
その日まで。


posted by maki at 15:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

おいしいだけじゃなかった!色にカタチに名前にときめく和菓子の世界。

image-0da69.jpeg

通称「ガジェ通」こと、
というニュースサイトで
取り上げていただきました。

山と渓谷社のマスコット
ヤーマンとの対談です。

image-0d899.jpeg

だいぶん、
得体が知れません。笑。

さらに
わたしはといえば、
WEBの記事というだけで、
バズるように書かなくちゃなの?
とプレッシャーを感じてしまう
真性の、紙のひと。

加えて

「ときめく縄文図鑑の
 響田さんの記事が
 400以上シェアされてます」

という担当編集者さんからの
メールのリンク先を見ると、、、


お手上げしたまま
フリーズしていたら
「早く書いてください」と、
ヤーマンから叱られまして
おそるおそる、
書いてみました。

写真も、少し工夫して
清浄歓喜団と金平糖を
撮り下ろしてみたり。

image-efb5b.jpeg


image-5cb77.jpeg

「ときめく和菓子図鑑」の
ハイライトを、
簡潔にお伝えできる
記事になったんじゃないかなあと
思っています。

どうぞ、読んでみてくださいね!!

ガジェット通信|
おいしいだけじゃなかった!色にカタチに名前にときめく和菓子の世界。
http://getnews.jp/archives/1667979

image-7871a.jpeg
posted by maki at 01:03| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

春待ちフェスタ、あるいは、場をひらくこと。

image-645ac.jpeg
出町柳から、川端通を徒歩で7分。
リバーサイドハイツという
古いアパートの1室を
リノベーションして生まれた
「リバーサイドカフェ」が、
1周年を迎えました。


この3連休、
「春待ちフェスタ」という
イベント開催して、
お祝いをしています。


image-10d96.jpeg


この場の立ち上げ時に、
「シェアカフェ」という
コンセプトを掲げて
仕組みづくりのお手伝いを
させていただきました。


その仕組みづくりの上で
参考にさせていただいたのが
山納洋さんのご著者。


今回、無事に1周年を迎えるにあたり、
初日のきのう、
ご本人にトークイベントを
お願いすることができました。
対談のお相手は、
山納さんからのリクエストを
お受けする形で
美術家の小山田徹さん。


image-bf9e2.jpeg


場づくり、コミュニティ、
しごとについて、屋台と焚火…
小さなコミュニティを
大切に紡ぐための、
大事なキーワードが
2時間びっしり!!


そして、
夜は、たゆたうのライブ。


image-783c7.jpeg


ゆったりと、
あたたかい時間になりました。


本日、あしたも
続きます「春待ちフェスタ」。


image-3655f.jpegimage-b83e8.jpeg


詳しくは、こちらから。
http://riversidecafe.jp/cafe/event/harumachi/

わたしもクリエイターマーケットに
残りわずかな「珈琲のはなし。」と
「ときめく和菓子図鑑」を
並べています。


地域を、アパートという場を開く
小さな実験です。
ぜひ、足を運んでください。
posted by maki at 08:34| Comment(0) | 京都カラスマ大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

ランキングよりも、うれしいこと。

image-e1458.jpegimage-c178b.png

岡倉天心、岡倉天心、高橋マキ。
森茉莉、高橋マキ、森茉莉。

通販サイトは普段あまり見ないのですが、
ふとのぞいた瞬間の並び。

なんだかうれしかったので。

「ときめく和菓子図鑑」好評です。
デジュネ・ア・キョウト」(お昼12時台)という番組に
出演する予定です。

ときめく和菓子図鑑の
ときめきどころを
存分に語っているので、
どうぞお聴きくださいね。

image-7c3f4.jpeg

京都以外の方、
ラジオを持ってない方も、
Radikoというアプリを使えば
スマホやPCから
聴くことができますよ!

41lRioF+-UL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg


Amazonから、
kindle版も発売しています。
みなさん、ぜひ
和菓子の扉を開いてみてくださいね!
posted by maki at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

ときめく和菓子図鑑とおひなさま。

image-2e6a3.jpeg

3月3日はひなまつり。
「もうその話題、遅いやろ」
と笑うことなかれ。

京都では、いまでも
旧暦の3月3日まで
おひなさんを飾る
風習が残っています。

image-c8a1c.jpeg

そして、その3月3日生まれの
マッハ文朱さんのTV番組
先日生出演させていただきました。

image-79481.jpeg

ドドン!!

ラジオでは毎週
おしゃべりしていますが
基本的に収録ですし、
テレビの生放送、
隣には
小学生の頃に
ブラウン管テレビの中にいた
マッハさん…で、
緊張しないわけがなく。笑。

それでも、
「ときめく和菓子図鑑」について、
精一杯、おはなししてきました。

image-36fe4.jpeg

ひな祭りのお菓子といっても
あられじゃなくて、、、
ということで、
ディレクターさんにお願いして
鍵善良房」の「ひちぎり」を
スタジオに用意してもらい、
みんなで食べました。

トップの写真も、
鍵善さんのFBから拝借。
まるでおままごとのような
ひな菓子。

冬から春の境目の時期。
体調も崩しがちですが、
折々の季節に感謝して、
うれしい気持ちとともに
ありがたくいただくのが
和菓子なんだなあ、と
つくづく感じたのでした。

え?
ナゾめいた名称の、その
ひちぎりの写真はないのかって?

それは、
「ときめく和菓子図鑑」を
開いてみてのおたのしみ、
ということで。笑。


41lRioF+-UL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

Amazonから、
kindle版も発売しています。
みなさん、ぜひ
和菓子の扉を開いてみてくださいね!

posted by maki at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする