2009年09月16日

ご来場、感謝。

お騒がせしました「高橋マキのわこもの暦」展@芦屋スペースR、
好評のうちに無事に終了いたしました。

土曜日は、朝からあいにくの雨だなあ、と思っていると、
天下無敵の雨女・美弥ちゃんが、倉敷からやってきて。
期待を裏切ることなく駅前で迷子になっているという(徒歩2分なのに。笑)。
ぎゃー☆とかなんとか言いながら、ひとしきりマカオの旅の思い出ランチ。
彼女を見送った後も、福山から、そして鳥取からと、遠方の友、続々。
最終日は、親友のウエディングパーティのため不在、
せっかく足を運んでくれたDJ森夏子嬢に会えなかったことだけが残念でした。涙。

ほかにも、ここに全員の名前を挙げることはできませんが、
お花、電報、お菓子、メール含めて、応援してくださったみなさまに
感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。心をこめて。



そして、この感謝のきもちとともに、
お伝えしなければならない事実があります。
この個展は、わたしを育ててくれた『Hanako WEST』の
連載「高橋マキのわこもの暦」1年分をカタチにしたものだったのですが、
実は、準備をしている最中に、その「休刊」の報が伝えられました。
12月発売の2月号を区切りに、しばらくのお休みに入るとのこと。
「わこもの暦」は、「がんばって3年続けて1冊の本にすること」を
わたし自身の勝手な目標に、始めた連載だったのに……。

「まさか」の知らせではありましたが、
『Lmagazine』『GRACE』『Esquire』『CF!』『marie claire 日本版』……と
昨年末あたりから、毎月のように休刊の知らせが舞い込んで、
「雑誌の現在」がいかにキビシいか、ということを思い知らされる今日この頃。

こうなったら、ぼやぼや凹んではいられないのです。

展覧会にまでなり、たくさんの方々に応援してもらったこのページ、
どこかでなんとか連載を続けて1冊の本に、と、
以前にも増して、本気で思い始めています。
「お疲れさまでした〜」とみんなが声をかけてくれるけれど、

終わりは始まり。

ご来場くださった方々への感謝をエネルギーに変えて
続けるために「これから」なにができるか、少しあがいてみようと思います。
魔女なので、きっと叶えます(笑)。どうぞ、応援していてください。

F49F2393.jpg
posted by maki at 00:27| Comment(4) | わこもの暦展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

秋の夜の灯し火。

【「高橋マキのわこもの暦」展、開催中!】

308-1.jpg

9月9日、重陽の節句。
だから、という訳ではないのでしょうが、
きのうは『掛札』の風呂敷「菊」が3枚も売れました。

わこもの暦展、9日中の5日目。折り返し。

ですが、本日は、芦屋通いを1回お休みさせていただきます。
ギャラリーは通常通り、21時まで開いています。
当初、繁華街でもないのに夜の9時まで開いてるって、
どんな感覚かなーって思っていましたが、
8時を過ぎて「そろそろ帰ろうかな」と片付け準備をしている頃に
いらしたお客様と話が弾んだり、たくさんお買い物していただけたり。
実は、日暮れ時から『財木屋』のロウソクあんどんを灯しているのです。

DSC06037.JPG

はじめは、夕方に自分が退屈して、気分を変えようと思いついたのですが、
窓辺と階段に灯るロウソクに誘われて3階まで上がってきてしまう方も
いらっしゃるような気が、、、

というわけで、夜もステキです。
だいたいのんびりしているので「友だちの友だち」とか「あなた誰?」とか
どうぞお気軽にお声かけくださいね。

DSC06039.JPG

posted by maki at 11:41| Comment(2) | わこもの暦展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

学びあうということ。

【「高橋マキのわこもの暦」展、開催中!】

2日目、日曜日の朝。
芦屋へ向かうJR車中でうとうとしていたら、
ギャラリーのMさんから電話がかかってきた。
なにごとかと思いきや、フライングして30分早くやってきた
お客さまがいらっしゃるのですが、、、という報告。
京都カラスマ大学」の生徒さんで、母と同世代のNさん。
わたしがたどり着くまでしばらく待ってもらうことにして、
コーヒーを飲みながらお話させていただいた。
聞けば「ひとりで電車に乗ることも滅多にない」という彼女。
DMをお渡ししたとき「駅からスグですよー」と言った
わたしのひとことが、背中を押したらしい。うれしい。

授業には毎回出席してくださるファンの方とはいえ、
ゆっくりお話をするのは初めて。
きのうは逆に、人生の先輩であるNさんに、
とてもたくさんのことを教わりました。ありがとうございます。
と、こんなところで書いてみても、NさんはPCがまったく苦手ということで
ことばは届かないのです(それでもスマ大に申し込めてることがミラクル)。笑。
今月の授業に、また来てくださったら、改めてお礼を申し上げましょう。

そうそう、初日にご来場くださったみなさんが、
ちょこちょこブログに紹介してくださっています。
あらたくん椿屋さんなっちゃん、ありがとう。
あと、まだ来てないけど書いてくれたヨシエちゃんも。待っとるよ。笑。

DSC05984.JPG

まだ印刷所でぐるぐる廻っていたりする「マキ本=ミソキョー」も、
編集者Y嬢の力技にて、ミラクルな方法で入手できます!!
あしたも、スペースR3階でお待ちしています☆

posted by maki at 12:21| Comment(0) | わこもの暦展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

初日。感謝と笑顔と満月と。

【「高橋マキのわこもの暦」展、開催中!】

DSC05986.JPG

記念すべき初日にご来場くださったみなさま、
遠方よりお花や電報やメールを送ってくださったみなさま、
夜のパーティの準備や手伝いをしてくださったみなさま、
ありがとうございました。心より感謝します。

無事に、始まりました。わこもの暦展。

パーティ部隊は朝からせっせと仕込み中。

DSC06013.JPGDSC06011.JPG

刷りたてほやほやの『七緒』も印刷所から直送で到着!
(今号、8ページに渡り、登場させていただいております)

DSC06015.JPG

本日ご来場の、いちばんちいさなお客様。

DSC06012.JPG

パーティの始まりを告げる極上の満月。

DSC06017.JPG

お料理の写真は、うかうか撮り忘れると相場が決まっている。笑。
(電源を切り忘れた携帯電話は「絶対鳴る」のと同じくらい、鉄板)

DSC06022.JPG

たくさんの笑顔にバイバイをして、帰京しました。
ほんとうに、ありがとうございます。
お茶漬け食べながら、今日一日の幸せをじんわり反芻。

そんなこんなで、明日以降の在廊予定日です。

6日(日)11時〜
7日(月)13時頃〜
8日(火)11時〜17時頃
9日(水)11時〜16時頃
10日(木)未定
11日(金)未定
12日(土)11時〜
13日(日)不在

まだ印刷所でぐるぐる廻っていたりする「マキ本=ミソキョー」も、
編集者Y嬢の力技にて、ミラクルな方法で入手できます!!
あしたも、スペースR3階でお待ちしています☆

DSC05966.JPG
posted by maki at 00:54| Comment(0) | わこもの暦展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

始まります。

【「高橋マキのわこもの暦」展、開催です!】

始まります。
きのう、初めての搬入と設営、黙々とがんばりました。
お天気がいいので、最高です。
みなさん、どうぞいらしてください。
お昼間も、夜のパーティも、お待ちしています。
ちなみに、アレとアレの「先行発売」もあったりします!
ナニとナニかは、来てくださった方のお楽しみ♪

行ってきまーす☆


追伸)
きのうの日記、中段の肝心な部分がバグってました。笑。
意味がわからんかったやん、という方は読み直してください。



「高橋マキのわこもの暦」展

会期:9月5日(土)〜13日(日) 無休
会場:スペースR3階「Gallery R
地図:http://www.ryu-ryu.com/access.html
開場時間:11:00〜21:00
(最終日は19:00まで)

http://www.ryu-ryu.com/cgi-bin/news/detail.cgi?no=308

posted by maki at 08:15| Comment(0) | わこもの暦展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

6日の夜の「ささやかな」宴にお越しください。

【「高橋マキのわこもの暦」展まであと3日!】

いよいよ今週末です。
個展初日の夕方18時からは、簡単なフードとドリンクを用意して
ささやかなオープニングパーティを開催します。
きのう、永野宗典さん(ヨーロッパ企画)に「ささやか」について
なぜかずいぶんと問いただされましたが
いやホンマに何て言うのか、ささやかに、です。笑。
土曜日の夜、屋上もとっても気持ちよさげなので、
財木屋さんのかわいい蝋燭も仕入れてみました。和風キャンドルナイト。
ふらり、と飲みにいらしてください。
たくさん飲む人は、自瓶ご持参でも大歓迎。笑。

お料理は、ふさこfrom喫茶探偵

DSC05952.JPG

探偵と吉田屋のはしごWORKな日々のなかで
深夜、うちに試作しに来てくれました。

DSC05946.JPGDSC05950.JPG

うむむ。いつの間にか手の数が増えておる?笑
なんだか、、、おせち部の香り、、、

いや、「ささやか」ながら、うんとおいしい宴の予感です。
永野さんも本多さんも、みなさまも、ぜひいらしてください。

DSC05961.JPG
posted by maki at 22:38| Comment(0) | わこもの暦展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

『ぴあ 関西版』に紹介してもらいました。

【「高橋マキのわこもの暦」展まであと7日!】

風呂敷ワークショップのプレミアムシート、まだもう少し空いてます。

2052.jpgT0349244.JPG

開催を1週間後に控えて、たくさん紹介していただいています。
本日発売の『HanakoWEST』10月号(まだ見てないけど。笑)。
きのう発売になった『ぴあ 関西版』にインタビュー記事。
インタビュー「される側」は、まだまだ相変わらず慣れません。。。
編集部のオグラさん、ありがとうございました。
風呂敷ワークショップ、もしよかったらご参加どうぞ☆

ウェブ上では、「Hanako WEST.com」EVENT Calendarに。
もりたもとこさんの「もりおし」、『おはりばこ』の店主の日記にも
紹介していただいています。ありがとうございます。

DMを置かしてもらっているお店、増えました。
お立ち寄りの際は、どうぞ手に取ってみてください。
探偵では、NINPのDMとセットでどうぞ☆

宮脇賣扇庵(富小路六角)/喫茶探偵(元田中)/cafe Village(岡崎)

DSC05924.JPGDSC05923.JPG

posted by maki at 10:33| Comment(0) | わこもの暦展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

「わこもの暦」展まであと10日!

【「高橋マキのわこもの暦」展まであと10日!】

どうしよう、、、と不安を口にする間もなく
いよいよカウントダウン!!!
、、、という頃になって、期間中のイベントが急遽決定しました。笑。
風呂敷の『京都掛札』から、掛札英敬氏を招いて、
ふだん持ちの風呂敷についてのお話と、結び方教室を行います。
多忙なる英敬氏、この時期、正直それどころじゃないんですけど(笑)
快くわがまま飲んでくださいました。ありがとうございます。

日時は個展初日の午後2時〜。
終了後はそのままパーティになだれこみ、大歓迎。
掛札の木綿風呂敷(¥5,460)付きで参加費¥7,000です。
先着限定10名!のプレミアムシート☆
こちらからお申し込みくださいませ。
http://www.ryu-ryu.com/cgi-bin/news/detail.cgi?no=318




★★緊急告知★★

参加者募集中!(〜8/31まで)
京都掛札、1日だけの芦屋出張。

日時:9月5日(土) 14:00〜15:30
場所:スペースR 3階「Gallery R」
TEL:0797-38-2949
地図:http://www.ryu-ryu.com/access.html
定員:先着10名限定
参加費:7,000円 (お好きな柄の京都掛札の木綿風呂敷+ドリンク付)

308-1.jpg

わこものスタイリストの高橋マキさんが風呂敷を愛用することになったきっかけは、「エコというより、洋服にあわせてかわいい&かっこいい」を実現した風呂敷に出会ったから。今回は、『京都掛札』三代目掛札英敬さんを招いて、そんな出会いのいきさつや、木綿風呂敷誕生のお話を聞いた後、現代生活のなかでの使い方、かわいい結び方をレッスンしてもらいます。

※『京都掛札』のラインナップからご自分の好きな木綿風呂敷を事前に選んでいただきます。ご希望の風呂敷の柄名と色を1つ選んでお知らせの上、8/31(月)までにお申し込みください。当日は、購入していただいたご自分の風呂敷を使って、結び方レッスンを行います。

【木綿風呂敷の種類】
京都掛札の「文様いろいろ」ページに掲載されているラインナップに、トップ画像の菊柄(ピンクと橙)を加えた12文様22種類の中からお好みの「柄と色」をお選びください。

ご予約方法:
※お電話でのお申し込みの場合
TEL:0797-38-2949(スペースR)まで。 (11:00〜23:00)

※メールでのお申し込みの場合
[1]お名前(フルネーム)
[2]フリガナ
[3]ご住所
[4]連絡のつくお電話番号
[5]イベント名
[6]木綿風呂敷の「柄と色」をお選びください。
以上を明記して、yoyaku@ryu-ryu.comまでお申し込みください。
折り返し、予約確認をお送りいたします。

※大急ぎで作っていただいたので、現状、リンク先のトップ画像が間違ってます。
 個展のトップ画像(菊模様風呂敷)が正解です。




「地蔵盆が終わって、夏ももう終わりですねえ」。
今頃の季節の、京都人のお決まりのごあいさつ。
ほんまに、きのうから肌寒いほど。
はりきって買った扇風機も、ほとんど必要なかった。笑。
posted by maki at 11:18| Comment(0) | わこもの暦展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

準備着々「わこもの暦」展。

DSC05839.JPG

きのう。
RYU-RYUの松田さんから、個展のDMハガキ到着。
すっかり「おまかせ」でお願いしたのですが
とってもすてきなのがあがってきました。
お盆のあいだに京都を訪れるひとに
ひとりでも多く手に取ってもらえたら、と
夕方ぐるりと知人・友人の店をまわって、
フライヤー的に置かせてもらう。
もし、以下のお店にお立ち寄りの際は、どうぞ。

京都掛札shin-biflowing KARASUMA
gris-gris百花堂/カフェコチ/吉田屋料理店かもがわカフェ


1日乗車券を買って、足の向くままに、、、
と思ったのだけれど、
それほどピーカンでもなかったので
やっぱり自転車で出かけたほうがよかったかも。
歩き疲れてくたびれて、
最後はかもカフェでひとりハンバーグディナー。笑

途中には「flowing KARASUMA」
マネージャーの平間さんから新作の
「夏シュー」をオススメいただいてペロリ!

DSC05840.JPG

レモンカスタード、パッション・マンゴジュレ、ココナッツムースの
だんごならぬ、爽やか三兄弟シューです。
1度で3度おいしい!そして、ビジュアルがかわいい!
ので、夏のてみやげに重宝しそうです☆



「高橋マキのわこもの暦」展

会期:9月5日(土)〜13日(日) 無休
会場:スペースR 3階「Gallery R」
地図:http://www.ryu-ryu.com/access.html
開場時間:11:00〜21:00
(最終日は19:00まで)


女性誌を中心とするあらゆる雑誌・書籍にて京都についての
ライティングやコーディネイト、スタイリングで活躍する高橋マキ。
彼女が12ヶ月の暦(こよみ)にあわせてセレクトした
お気に入りの京都のわこものが、この期間だけとくべつに
芦屋の「Gallery R」にやってきます。
高橋マキ自身による12のちいさなエッセイと
写真家・石川奈都子が切り取った12の写真もあわせて展示。
会期中、高橋マキによるギャラリートーク、
12ヶ月のわこものの販売も予定しています。
ぜひこの機会にお越しください。

http://www.ryu-ryu.com/cgi-bin/news/detail.cgi?no=308
posted by maki at 23:01| Comment(0) | わこもの暦展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

「高橋マキのわこもの暦」展。

308-1.jpg

「高橋マキのわこもの暦」展

会期:9月5日(土)〜13日(日) 無休
会場:スペースR 3階「Gallery R」
地図:http://www.ryu-ryu.com/access.html
開場時間:11:00〜21:00
(最終日は19:00まで)


女性誌を中心とするあらゆる雑誌・書籍にて京都についての
ライティングやコーディネイト、スタイリングで活躍する高橋マキ。
彼女が12ヶ月の暦(こよみ)にあわせてセレクトした
お気に入りの京都のわこものが、この期間だけとくべつに
芦屋の「Gallery R」にやってきます。
高橋マキ自身による12のちいさなエッセイと
写真家・石川奈都子が切り取った12の写真もあわせて展示。
会期中、高橋マキによるギャラリートーク、
12ヶ月のわこものの販売も予定しています。
ぜひこの機会にお越しください。

http://www.ryu-ryu.com/cgi-bin/news/detail.cgi?no=308
posted by maki at 10:21| Comment(0) | わこもの暦展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする