2017年04月18日

KYOTOGRAPHIE/バイバイ、ペットボトル。

image-f3a07.jpeg

去年の6月に、
「ペットボトル飲料を買わない」
ひとりキャンペーンを始めた。

きっかけは、
昨年のGWに行われていた
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭で
出会った、1枚のこの写真。

誉田屋源兵衛黒蔵を会場に
展示された
クリス・ジョーダンによる作品。

image-65d98.jpeg

アホウドリの雛の死骸から
山盛りになったペットボトルの
キャップが露出している。

深く何かを考えたわけではなく、
ほんの思いつきで、
ペットボトル飲料が
「私の生活に必ずしも必要か」
を計ってみたかったのだ。

うちからバス停まで
たった2分の間にも
コンビニがあり、
出かけるときには
無意識で立ち寄って
水を1本買い、
持ち歩いていた。

バッグにペットボトルが
入ってないと
理由もなく、
不安だったのかもしれない。

最初はまずは1か月、
という気持ちで始めた
このひとりキャンペーン、
気がつけば1年が経とうとしている。

1年のうちに買ったのは
なんどか宴会のときの差し入れと
真夏に2本ほど。

夢遊病のように
コンビニに吸い込まれることが
なくなった。
そしてなにより、
水曜にゴミ出ししなくて良くなった。笑。

写真が京都の街に踊りだす
このフェスティバルは、
アートで町おこし、
みたいなものとは、一線を画す。

アートで町おこしという
言い回しに違和感があるのは、
仕掛けている人たちが、
アートやアーティストが
街を変えてくれると
思っているらしいからだ。

実際のところ、
アートが街を変えるのではなく、
見慣れた街の景色を
変えてくれたアートよって
私たちの視点がまず変わり、
どんなに小さいアクションでも、
その気づきを行動にうつした時に、
街が、世界が変わるのだと思う。

5回目となる
KYOTOGRAPHIEが開幕した。
テーマは、LOVE。
さて、ことしは
どんな写真に出会えるかしら。


KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017
http://www.kyotographie.jp
image-27ff1.jpeg
posted by maki at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]