2017年04月13日

喫茶店の日/珈琲のはなし。

image-df448.jpeg


4月13日は喫茶店の日。
だそうで。

明治21年のこの日、
東京・上野に日本初の喫茶店
「可否茶館」が開業したことに
由来して制定されたとか。

この可否茶館、
社交サロン、あるいは
知識の共通の広場として、
「学校にするか喫茶店にするか」
という発想から生まれた
という説があって、
とても興味深い。

いまも、喫茶店は
社会の学校だと思います。
「珈琲のはなし。」にも
書いたのですが、

 喫茶店から
 客足を遠ざけたのは
 缶コーヒーではなく
 携帯電話の普及

だと、とある喫茶店のマスターが
話してくださいました。

image-20e44.jpeg

缶コーヒーだって、
たとえばドラマの中で
ふたりが大切な話をするときには
欠かせないアイテムです。

「お茶すること」は
水分補給とイコールではないし、
SNSで発信するために
写真を撮ることでもなくて。

誰かと待ち合わせたり
1杯のコーヒーと共に
ひとりの、あるいは誰かとの
大切な時間を過ごすために
喫茶店の扉を開けたいなあ
と、思います。

あ。

「珈琲のはなし。」という本には、
コーヒーの淹れ方や
コーヒーへのこだわり、薀蓄は
一切出てきません。

京都の、50の喫茶店の
なんでもないけど
どこか愛おしいお話です。

1000部のみの
リミテッドエディション。
残部わずかとなりまして、
書店でお求めの方は
通販ご希望の方は
にはまだ商品があること
確認していますので、どうぞ。
今のところ、
増刷の予定はありません。


【取り扱い店舗】4/13現在、私が完売を把握しているところを追記しました

<京都>
montag booksellers(西陣)
マヤルカ古書店(西陣)
YUYBOOKS(松原商店街)
レティシア書房(高倉二条)
CAFE ポルボロン(新町正面)
la madrague(釜座押小路)
祗園喫茶 カトレヤ(祇園)
喫茶葦島(河原町三条)
マガザンキョウト(堀川丸太町)
逃現郷(今出川大宮)

★以下店舗では完売しました。ありがとうございます。
ホホホ座/誠光社/恵文社一乗寺店/チタチタ喫茶/吉田屋料理店/かもがわカフェ/珈琲陣/喫茶茶の間/SONGBIRD COFFEE./東急ハンズ京都店「COFFEE HOUR」/楽座

<大阪>
スタンダードブックストア(心斎橋)

<関東>
カフェセブン(東京・秋葉原)
MOUNT ZINE(東京・目黒)※通販あり
HADEN BOOKS:(東京・表参道)
旅花 たびはな(神奈川県・湘南)
cafe hutte(神奈川県・辻堂)

<西日本>
蟲文庫 (岡山県倉敷市)
今井書店 青杏+(鳥取県米子市)
 その他、今井書店系列

私家版1,000部のリミテッドエディション。
1冊 1,296円(税込)です。
posted by maki at 13:12| Comment(0) | 珈琲のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]