2011年06月04日

最終回/珈琲のはなし。

RIMG0263.JPG

産經新聞京都版日曜連載「珈琲のはなし。」。
明日掲載の第50回で最終回を迎えます。



初めての新聞連載。
若い世代は新聞を読まないのがあたりまえの時代、
どんなひとが読んでくれるんだろう、と
顔の見えない読者に向き合って、
おそるおそる歩み始め、書き始めたのが昨年4月。

「新聞を見たというひとが来てくれた」
といううれしいコメントを初めていただいたのが
連載10回目の『LUSH LIFE』、その後。

なにごとも、続けることが大切。と知る。

「お向かいの家のお手伝いさんが
 毎週火曜日くらいに切り抜きを持ってきてくれはんねん」
と、クリップに挟んだ切り抜きをぺらぺらして見せてくれたのは、
13回目で取材した『チタチタ喫茶』。
(なので、過去記事読みたい方はチタチタへ!笑)

常連客のKBS京都放送局社員さんたちが何人も
愛すべき『茶の間』でカレーをほおばりながら、
「なかなかええ記事やなあ」と誉めてくださった、
そして「なんや、マキさんが書かはったんかー」と驚いてくださった、
と聞いたときも、ずいぶんとうれしかった。

35回『カフェ・ヴェルディ』の続木さんは
取材依頼の電話をかけたときに第一声で
「お待ちしておりました」なんてお茶目なセリフで
取材・掲載歓迎してくださいました。

そして、先週まちでばったり会った
『ラ・ヴァチュール』の麻耶さんは
「わたしの言いたかったことが全部書いてあってすっきりしたの」
と喜んでくださいました。

掲載のあとに、わざわざお電話で
お礼をくださったお店もたくさんあります。

そして、14ヶ月の間に、なくなったお店が2軒。

明日の最終回の取材帰り、
たまたま『セブン』の前を自転車で通りがかったら
開かないはずの扉が半分開いていました。
しかも、なかにいたのは、
まさかの見知ったあの顔とこの顔…。

奇跡のようなはなし。
かなしまないで。

まるでセブンのマスターが、
連載フィナーレに華を添えてくれたみたいでした。

産經新聞のみなさまはじめ、
応援してくださったみなさん、
どうもありがとうございます。



「ぜひ1冊の本としてまとめて読みたい!」
と言ってくださる方々の声になんとか答えたいと思っています。
現在、書籍化に興味を示してくださっている
ありがたい出版社は2社。
もしも、ほかにもご興味を持ってくださる方がいれば
いつでもファイルをお持ちしますので、お声かけください!

では、明日。
きっとまた会いましょう。

RIMG2863.JPG
posted by maki at 14:49| Comment(5) | 珈琲のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 京都市内に住んでいた時、コーヒーが好きなので喫茶店によく足を運んでいたつもりでしたが、
連載を拝見していろいろな発見がありました。
素敵な連載をありがとうございました。
書籍化された際はぜひ購入したいと思います。
Posted by 汐留雅人 at 2011年06月05日 23:02
喫茶セブンマスターの息子です。
ブログ拝見させて頂きました。喫茶セブン及びマスターを愛して頂きありがとうございました。

突然の事で本当に落ち込みましたが、何とか喫茶セブンを残したいと悩みましたが、やはり私は東京で勤めている身そして私が親父の代わりは出来ないと断念しました。
現在テナントとして募集していましたら、喫茶セブンの雰囲気を出来るだけ残してCafeをやりたいという方が現れ、正式に決まれば、8月中旬にはOPENするかもしれません。名前は変わりますが、新たな憩いの場が出来れば嬉しいです。
Posted by 松宮卓也 at 2011年06月21日 13:41
*汐留雅人さま
こんにちは。うれしいおことばありがとうございます。
書籍化、ぜひともと、編集者さんに持ちかけています。
出版不況のご時世ですが、もしももしも実現したら
こちらでもイチバンにお知らせしますので、
楽しみに待っていてくださいね!

*松宮卓也さま
こんにちは!
息子さんが東京でお勤めされていることは
マスターから伺っていました。
メッセージくださってありがとうございます。
ほんとうに残念なことでしたね。。。
先日は、ホントたまたま通りがかっただけなのですが、
不動産屋さんも次の継ぎ手夫妻も、よく存じ上げており、
思わずうれしくなって声をかけたのです。
「お店の雰囲気は、このまま使ってほしい」って
わたしからもリクエストしておきましたよ。笑。
あらたなるセブンからのお知らせ、心待ちにしています♬
Posted by 高橋マキ at 2011年06月22日 13:41
親父が亡くなり新たにセブンに代わりマドラ
グさんがオープンされ早や4年が過ぎました。私自身も昨年サラリーマンを卒
Posted by 松宮卓也 at 2015年06月10日 14:22
サラリーマンを卒業し今年5月14日東京にてカフェをオープンさせていただきました。京都の店名を継承してセブンにしました。京都のお店のようにゆっくり長く皆さんに愛されるお店になればと思っています。
Posted by 松宮卓也 at 2015年06月10日 14:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]