2017年07月01日

ENJOY KYOTO/伝えたい京都

image-a8bb9.jpeg

ずっと英語が苦手だった。
海外旅行をするたびに
「ああ、喋れたらいいな」
とは思うけど、
行き先がフランスやら
香港、台湾だったりするので
それはそれでなんとかなるもの。

ところが、ある日突然ひらめいた。
どうして英語が学べないのか、
その理由。それは、

アメリカ文化に興味がないから

だということに。
ハリウッド映画、観ないし。
ロケンローも、聴かないし。
「ワオー!」みたいな
ハイテンションにも
なれやしないし。笑

だけど、
京都にこれだけ
外国からお客様がいらして、
日本のことに
興味をもってくださるのに
「アイ・アム・ア・ライター」
のあとに言葉が続けられないなんて
あまりにひどすぎる。
日本のライターの
レベルを疑われかねない。

これではいけない。
こんなにたくさん、
お伝えしたい
京都の知識や情報があるのに!!

そう思いたって、
イギリス人の先生に
英会話を習うことにした。
だって、イギリス人は、
少なくともアダム先生は、
「ワオー!」
って言わなかったから。笑。

それが、3年前。

わたしのレベルときたら、
そりゃあひどかった。
「used to be〜」がなんだったか
思い出せない。
「day after tomorrow 」が
すぐ出てこない。

そんなスタート。
しかも時々
フランス語がちゃんぽんする。
かなりやばい。笑。

それでも、
「先週なにしてた?」
を、毎週1時間かけて説明する。

ところが
「I went to the theater with my friend!」
みたいな
生活をしていないため
自分の首を締めまくる。

取材に行ったはなしをしても
原稿を書いてたはなしをしても
真田紐とか、座布団とか、
杼とか、和菓子とか、
祇園祭とか、お煤払いとか、

日本語でもなかなか
いちから説明しなくちゃ
わからないものを、
中学英語で語ろうとするである。

これは、ある意味、
かなり難易度が高い。笑。
英会話レッスンというより
むしろ、脳トレ。

だけど
うれしかったのは、
これをくり返すことで、
日本人相手にも
とても丁寧に
京都や日本のことを
おはなしできるように
なったこと。
東京暮らしの20代、30代は、
もはや外国人と変わらない、
ということにも気づいた。

そんなこんなで、
いまは、こういう角度から
「京都を伝える」
ことに興味があって、
そんな折も折、
執筆依頼いただいたのが、
タブロイド版フリーペーパーの
ENJOY KYOTO

発刊3周年を迎えたタイミング、
初の外部ライターとして
登板の機会を
与えていただきました。

image-ebbf7.jpegimage-b9927.jpeg

▲This is my work.
I wrote about Uji's sole pottery kiln
crafting artful vessels for its tea "Asahi-Yaki"

取材先は、宇治の朝日焼
タイトルは、
「Uji & its tea」。

なんやろ、この「its」!
かっこよすぎるわー。

とか言うてるわたしは、
もちろん日本語で書いた記事を
英訳してもらっている訳ですが。笑。

十六世松林豊斎襲名を
このような形で寿ぐことができて
それもまた、幸せなことでした。

中身と制作の裏側については、
今回は私の参戦で
少し心に余裕の生まれた
(気のせいだったらしいけど、笑)
松島直哉編集長の
渾身すぎるブログをご覧あれ。

ゴジマエ〜後日読み返してもらいたいささやかなまえがき〜
ENJOY KYOTO Issue22 宇治特集号をセルフレビューします 〜その2〜
「朝日焼 作為しない作為という極意について」


日本語バージョンも、
いつかまとめて公開される日が
あると面白いかもね。

20170420202559.jpg
▲photo by naoya matsushima
posted by maki at 03:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする