2017年03月31日

おいしいだけじゃなかった!色にカタチに名前にときめく和菓子の世界。

image-0da69.jpeg

通称「ガジェ通」こと、
というニュースサイトで
取り上げていただきました。

山と渓谷社のマスコット
ヤーマンとの対談です。

image-0d899.jpeg

だいぶん、
得体が知れません。笑。

さらに
わたしはといえば、
WEBの記事というだけで、
バズるように書かなくちゃなの?
とプレッシャーを感じてしまう
真性の、紙のひと。

加えて

「ときめく縄文図鑑の
 響田さんの記事が
 400以上シェアされてます」

という担当編集者さんからの
メールのリンク先を見ると、、、


お手上げしたまま
フリーズしていたら
「早く書いてください」と、
ヤーマンから叱られまして
おそるおそる、
書いてみました。

写真も、少し工夫して
清浄歓喜団と金平糖を
撮り下ろしてみたり。

image-efb5b.jpeg


image-5cb77.jpeg

「ときめく和菓子図鑑」の
ハイライトを、
簡潔にお伝えできる
記事になったんじゃないかなあと
思っています。

どうぞ、読んでみてくださいね!!

ガジェット通信|
おいしいだけじゃなかった!色にカタチに名前にときめく和菓子の世界。
http://getnews.jp/archives/1667979

image-7871a.jpeg
posted by maki at 01:03| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

春待ちフェスタ、あるいは、場をひらくこと。

image-645ac.jpeg
出町柳から、川端通を徒歩で7分。
リバーサイドハイツという
古いアパートの1室を
リノベーションして生まれた
「リバーサイドカフェ」が、
1周年を迎えました。


この3連休、
「春待ちフェスタ」という
イベント開催して、
お祝いをしています。


image-10d96.jpeg


この場の立ち上げ時に、
「シェアカフェ」という
コンセプトを掲げて
仕組みづくりのお手伝いを
させていただきました。


その仕組みづくりの上で
参考にさせていただいたのが
山納洋さんのご著者。


今回、無事に1周年を迎えるにあたり、
初日のきのう、
ご本人にトークイベントを
お願いすることができました。
対談のお相手は、
山納さんからのリクエストを
お受けする形で
美術家の小山田徹さん。


image-bf9e2.jpeg


場づくり、コミュニティ、
しごとについて、屋台と焚火…
小さなコミュニティを
大切に紡ぐための、
大事なキーワードが
2時間びっしり!!


そして、
夜は、たゆたうのライブ。


image-783c7.jpeg


ゆったりと、
あたたかい時間になりました。


本日、あしたも
続きます「春待ちフェスタ」。


image-3655f.jpegimage-b83e8.jpeg


詳しくは、こちらから。
http://riversidecafe.jp/cafe/event/harumachi/

わたしもクリエイターマーケットに
残りわずかな「珈琲のはなし。」と
「ときめく和菓子図鑑」を
並べています。


地域を、アパートという場を開く
小さな実験です。
ぜひ、足を運んでください。
posted by maki at 08:34| Comment(0) | 京都カラスマ大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

ランキングよりも、うれしいこと。

image-e1458.jpegimage-c178b.png

岡倉天心、岡倉天心、高橋マキ。
森茉莉、高橋マキ、森茉莉。

通販サイトは普段あまり見ないのですが、
ふとのぞいた瞬間の並び。

なんだかうれしかったので。

「ときめく和菓子図鑑」好評です。
デジュネ・ア・キョウト」(お昼12時台)という番組に
出演する予定です。

ときめく和菓子図鑑の
ときめきどころを
存分に語っているので、
どうぞお聴きくださいね。

image-7c3f4.jpeg

京都以外の方、
ラジオを持ってない方も、
Radikoというアプリを使えば
スマホやPCから
聴くことができますよ!

41lRioF+-UL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg


Amazonから、
kindle版も発売しています。
みなさん、ぜひ
和菓子の扉を開いてみてくださいね!
posted by maki at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

ときめく和菓子図鑑とおひなさま。

image-2e6a3.jpeg

3月3日はひなまつり。
「もうその話題、遅いやろ」
と笑うことなかれ。

京都では、いまでも
旧暦の3月3日まで
おひなさんを飾る
風習が残っています。

image-c8a1c.jpeg

そして、その3月3日生まれの
マッハ文朱さんのTV番組
先日生出演させていただきました。

image-79481.jpeg

ドドン!!

ラジオでは毎週
おしゃべりしていますが
基本的に収録ですし、
テレビの生放送、
隣には
小学生の頃に
ブラウン管テレビの中にいた
マッハさん…で、
緊張しないわけがなく。笑。

それでも、
「ときめく和菓子図鑑」について、
精一杯、おはなししてきました。

image-36fe4.jpeg

ひな祭りのお菓子といっても
あられじゃなくて、、、
ということで、
ディレクターさんにお願いして
鍵善良房」の「ひちぎり」を
スタジオに用意してもらい、
みんなで食べました。

トップの写真も、
鍵善さんのFBから拝借。
まるでおままごとのような
ひな菓子。

冬から春の境目の時期。
体調も崩しがちですが、
折々の季節に感謝して、
うれしい気持ちとともに
ありがたくいただくのが
和菓子なんだなあ、と
つくづく感じたのでした。

え?
ナゾめいた名称の、その
ひちぎりの写真はないのかって?

それは、
「ときめく和菓子図鑑」を
開いてみてのおたのしみ、
ということで。笑。


41lRioF+-UL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg

Amazonから、
kindle版も発売しています。
みなさん、ぜひ
和菓子の扉を開いてみてくださいね!

posted by maki at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする