2017年02月25日

高畑充希さんと、京都とtamas。

image-c8765.jpeg

現在発売中の雑誌
今をときめく女優、
高畑充希さんを
京都にご案内しています。

image-6d887.jpeg
右上の写真は、
まさかの銀月アパート前。
取材では、
京都発の人気アクセサリーブランド
tamas」のアトリエを
一緒に訪れました。

偶然ですが、
今月号の「暮しの手帖」にも
「tamas」が大きく
取り上げられていますね。

取材終わり、サプライズで
高畑充希さんの
お誕生日のお祝いもできました。

image-4a5f6.jpeg

翌日、京都のロームシアター
公演のあったミュージカル
わたしは真悟」での名演も
拝見したのですが、
ほんとに素晴らしい
女優さんです。

テレビがないのに
「とと姉ちゃん」だけは
しっかり見届けた
わたしはすっかり
彼女のファンになりました。
posted by maki at 21:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

「珈琲のはなし。」ブルックリンに行く。

image-97798.jpeg


そして。
「珈琲のはなし。」と
アメリカのブルックリンで暮らす
わが愛すべき友だち夫妻、
旅立ちました。
写真は、カヒミカリィさんの
「MY LOHAS」ブログより拝借。

読んでいるとまるで短編映画を観ているような......
美味しいひき立てのコーヒーの香りが
一瞬漂ったような感じがしました。
見開き1ページでお店が紹介されているのですが、
ページをめくる度に出てくる白黒の写真が、
これもまた本当に良いのです。



【カヒミ カリィの Wherever I go】
隅々にまで心のこもった穏やかな本、京都の珈琲のはなし
http://www.mylohas.net/2017/02/060177kahimi_karie.html

ああ、わたしもブルックリンまで飛んでいきたいよぅ!

posted by maki at 07:49| Comment(0) | 珈琲のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

「珈琲のはなし。」ロンドンへ行く。

image-d0285.jpeg

小さい頃は
文字通り本の虫で
家にありったけの本、
気に入った同じ本を、
何遍も何遍も
読んだものでした。


image-09fbe.jpeg

大好きだった本。
と、いうことは、
ハリスおばさんは
イギリス人だったのかな。
好きすぎて、
紙人形の大作も
作ったかもしれない。

私家版「珈琲のはなし。」も
残り100冊となって、
ようやく
家族や親戚や、
お世話になっている
大事な方々へ
お届けしておりまして。
(普通は、いの一番に届けるべし)

まずは、ロンドンへ。

敬愛する文筆家であり、
また、
親戚の子ように
かわいがっていただいている
入江敦彦さんのもとへ。
トップの写真は、
入江さんちのFBから拝借。

こんなすてきなコラムとともに
紹介してくださいました。


『珈琲のはなし。』は
シンプルなデザイン乍ら
ブーブー紙(パラフィン)の
カバーがかかっていて、
それがとてもいい感じなんやけど、
ふと、気づく。
カフェてさ、
このブーブー紙
みたいなもん違うやろか。


posted by maki at 15:22| Comment(0) | 珈琲のはなし。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする