2016年10月07日

iPhoneが、Helloと言った/無印良品週間。

Twitterではときどきつぶやいているのですが、
なるべく通販をしないように生きています。
「送料無料」ということはもちろんうれしい一方で、
誰か見えない人に、なんだか「悪いなあ」と感じたりして。
本や文具や食品、そういう日常のものは、
できるだけ街の「お店」で買うように心がけています。



そんなわけで、みんな待ってましたの無印良品週間。
街なかの小さな店舗ではあまり扱っていない
「サイド収納A4ファイル」を買い求めるため
普段はあまり足を運ぶ機会のない
イオンモールという巨大複合施設まで。
ここに、西日本最大級の無印良品があるからです。

A4ファイルがひとつ欲しいだけだったのに、
気づけばカゴいっぱいの商品を、レジカウンターへ。
(みなさんも、そうでしょう?笑)
お会計してもらいながら、スマホでアプリを提示。
ピピ、ピピ、ピピ、、、
いくつかの商品がレジを通るのを待ってる間に、
スマホがブラックアウト。

あれれ、

わたし「す、、、すみません。たった今、充電がゼロになりました」

いやはや、鈍なことで。
だけどラッキーにもそのときお店は空いていて、
やさしい店員さんたちが相談してくださり、
とにかくアプリ画面が立ち上がるまで
レジまわりのコンセントを一瞬、
とくべつに貸してもらえることになりました。

コンセントにソケットを差し込み、
間もなく、アップルマークが光る。
「あ、立ち上がりました!」と
さっそく得意げに報告するわたし。
番号さえわかればいいですからねー、と
メモとペンをもって近づいてくださる店員さん。

iPhone「HELLO !」「こんにちは!」「Hola!」

え、、、。

iPhoneが喋るんですけど。
無駄に、世界の言語で。
むかし、classicでドクロのマーク見たとき以来の
嫌な予感しかしないんですけど。
電源入れたときってこんな表示出ませんよね。

iPhone「使用するwifiを選んでください」

え。
ここって、フリーWiFi飛んでます?
店員さん「4階にいけば、使えますよ」
でも、それたぶん登録しなくちゃ使えないやつですよね。
店員さん「そうですね。イオンモールの、、、」
いまは、そもそも登録ができない。
キャンセル、キャンセル、キャンセル、、、
キャンセルも、できない。

こんなときの強制終了。
祈る気持ちで、再度立ち上げ。

状況は、まったく変わっていない。

再び格闘したものの、
一向にどうにかなる気配はなく、
嫌な予感しかしないので、
諦める。

「すみません!ファイルひとつだけ買って
 ほかはキャンセル。
 とにかく一回、家帰ります、、」

お客さんのiPhoneの不具合の面倒なんて
まったく彼のしごとじゃないのに、
終始ニコニコと笑顔で見守ってくださり、
なんだかテンションだださがりで
カゴいっぱいのお買い物を諦めたわたしを
最高の笑顔で送り出してくださった
店員さんに、感謝。



iPhoneが立ち上がらなければ
時間もわからない。
日はとっぷり暮れていた。
なんてこと。
とにかく、街が眠る前に
auかアップルに駆けこまねば。

これまた、あまり行かない
ビックカメラに飛び込む。
1階でau、上階でアップルを扱っている。
どっちかに、やさしい人がいてくれたなら。
また、祈る。

まず、1階のauのお姉さんにアタック。
画面を見せて、状況を説明する。

お姉さん「初期設定画面ですねえ」

えー!!!それは嫌です!!!
てか、初期設定なんかしてないし。
「とにかく充電しながら、見てみましょうか」

うん、まずね。
そうだね。ありがとう、天使。
と。
そうだ、ここはau WiFiが飛んでいて、
次の画面へ行ける。

iPhone「Apple IDを入力してください」

わたし「で、できました〜!」
お姉さん「あ、よかったですね」

こちらのお姉さんも、嫌な顔ひとつせず
お付き合いくださった。



いい店って、ひとがつくるんですね。

あたりまえだけど、
つい忘れがちなことを
思い出させてもらいました。

posted by maki at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする